昨日は月曜日ということで、家の近くの映画館は1100円で鑑賞できる曜日であり、彼氏と映画を見に行くことになっていました。いつもはだいたい洋画のアクション系やサスペンス系を見ることが多く、恋愛ロマンス系の映画を一緒に見ることがないのですが、珍しく恋愛映画を見に行くことになりました。

そもそも彼氏が少女マンガを読まないタイプなのですが、唯一全巻読んだことがるという『隣の怪物くん』が実写化されてちょうどいい時間があったので、仕事終わりに見に行くことになったのです。1人映画をするときは恋愛系を多く見ていましたが、やはり男性と映画に行くとなると恋愛映画を見るのはなんだかちょっと照れくさい気もするしな~と思って見たことなかったので、2人で恋愛映画を見るのはとても新鮮でした。

しかも、THE少女マンガの世界!というようなストーリーで、何度もきゅんきゅん、ときめいてしまいました。アクション系やサスペンス映画を見てもドキドキしますが、違うどきどきを彼氏と一緒に共有できてこれはこれでいいな~と思いました。学生でなくなり、純愛映画なんて見てもストーリーに入り込めず、冷静に客観視してしまって楽しくないのでは。。。

なんて見る前は思っていましたが、全然そんな心配はすることなく、純粋に楽しめて心が浄化された気がしました(笑)。大人になってからあまり見ない人も多いと思いますが、たまにはTHE恋愛映画を見て、ときめいて、純粋な気持ちになるのも定期的にした方がいいなって思いまいした!

20代後半に突入してしまって、仕事とか結婚とか出産とか、もろもろ周りの友達との話も重くなってきて、直観とかで行動できなくなってしまったり、世間体を気にしてばかりいて、本当にやりたいこととか、したいこととか、人付き合いとかも、最近は頭で考えて行動してしまうようになっているな~なんて反省したりもしました。

純粋な気持ちを取り戻したい!とか、ときめきたい!とか、ココロ浄化したい!みたいなとき、これからは恋愛映画を見よう!と思ったそんな1日でした。